申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A! (2/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

申告漏れ、バレたらどうなる? 相続税のQ&A!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#遺産相続
相続税の不動産価格の基準ともなる「路線価」は上昇している。東京・銀座周辺(手前)では2017年の路線価がバブル期を超えたところもあった(c)朝日新聞社

相続税の不動産価格の基準ともなる「路線価」は上昇している。東京・銀座周辺(手前)では2017年の路線価がバブル期を超えたところもあった(c)朝日新聞社

 地積規模の大きな宅地として認められれば、土地の評価額が通常に比べ低くなる取り決めだ。

 対象は、3大都市圏で500平方メートル以上、それ以外は1千平方メートル以上の宅地だ。これまでは広大地評価の条件が複雑で、適用できるかどうか専門家でも判断に迷うケースがあったという。前出の佐藤氏は「今後は専門家によって判断が異なるケースが少なくなるでしょう」としている。

 注意しなければいけないのは、特例を適用すれば相続税がゼロになる場合でも、税務署への申告が必要なこと。相続税はかからないはずだと放っておくと、後から申告漏れを指摘される恐れがある。

Q:生命保険を活用するには?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい