丸山茂樹「めちゃくちゃナイスな選択」と石川遼にエール (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹「めちゃくちゃナイスな選択」と石川遼にエール

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

本物のスーパースターの姿とは?(※写真はイメージ)

本物のスーパースターの姿とは?(※写真はイメージ)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、宮里優作選手の賞金王獲得、石川遼選手の日本ツアー全試合出場決断などを語った。

*  *  *
 いやあ、やりましたねえ。宮里優作(37)が国内男子ツアー最終戦の「日本シリーズJTカップ」(11月30日~12月3日、東京よみうりCC)でぶっちぎりの優勝を飾って、初めての賞金王に輝きました。

 現職の選手会長が賞金王になるのは初めてなんですってね。

 前の週までのトップで約1717万円差をつけていた小平智(28)を逆転するには、優勝しかありませんでした。それが首位タイで出た最終日は1イーグル、6バーディーの62。2位に6打差をつける完勝でした。目の前で見てましたけど、一瞬の隙もなかったですよ。前半で爆発して7打差をつけて、後半にライバルもバーディーをとってきてる中で動じることなく、自分のペースでやれてたのは素晴らしいです。

 優作はショットには抜群のセンスとポテンシャルがあったんです。それに加えて、メンタルの部分で「これだ」ってものをつかんだんでしょうね。それで課題だったアプローチとパターがよくなったのか、その二つがよくなったから動じなくなったのか、その方向性は分からないんですけど。アプローチとパターが苦手だから、ナーバスになってたと思うんです。絶対にフェアウエーを外しちゃいけない、グリーンを外しちゃいけないって。でもいまはリカバリーできる自分がいるから余裕ができて、もともと持っていたショットのすごさも増したんだと思うんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい