「スター・ウォーズ最新作でも“家族の絆”は描かれる」ライアン・ジョンソン監督単独ロング・インタビュー (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「スター・ウォーズ最新作でも“家族の絆”は描かれる」ライアン・ジョンソン監督単独ロング・インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
伏見美雪週刊朝日#スター・ウォーズ
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に登場する新キャラクター・ポーグを手にした、ライアン・ジョンソン監督(撮影/馬場道浩)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に登場する新キャラクター・ポーグを手にした、ライアン・ジョンソン監督(撮影/馬場道浩)

(c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

(c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

――キャラクターを掘り下げる際、キャストやスタッフのみなさんと相談されたりはしましたか?

 僕のなかに、自分が語りたいストーリーは存在したけれど、ルーカスフィルムの才能あふれる人々との話し合いは続けたよ。あれはとてもクリエイティブな経験だったね。
もちろん、俳優とも話をした。脚本を書き終えたあと、マーク・ハミルと話しあったよ。それによって必ずしもストーリーを変更したわけじゃないけれど、マークと話すことが大事だと思ったし、なぜそうなるのかを説明したいと思ったんだ。

――先ほどマークさんに話を伺ったとき、予告編にもあった「ジェダイは滅びる」という自分のセリフには同意できない、とおっしゃっていました(笑)。

 マークはよく、その話をするんだよね!(笑) マークには、ルーク・スカイウォーカーの帰還がどのようなものになるかと想像する時間が30年もあったんだから、僕が脚本を見せて、彼が「うん、これはまさに僕が考えていたことだ」、なんてことが起こるわけはない。彼の同意を得られる部分もそうでない部分も常にあるけど、映画製作のすべては、そうした対話にあると僕は思ってる。自分ひとりで作ることはできないんだ。

――キャリー・フィッシャーさんともお話をされましたか?

 もちろん、キャリーとも話をしたよ。キャリーは、女優である以上に、物書きだから、彼女にこのストーリーをどう思うかと尋ねるのは、とても自然なことだったよ。
キャリーが強く意識していたのは、ファン、とくに女性ファンの目に、レイアがどう映るかということだ。キャリーの人生はスター・ウォーズとともにあったし、レイアは旧3部作で唯一の女性キャラクターだったから、レイアが強さや正義を体現できているか、すべての場面で確信を持ちたがったんだ。
かつて、ゴミ溜めに飛び込んだり、敵を蹴っ飛ばしたり、銃をつかんだりするレイアは、観客に強い女性という印象を与えたと思う。そういう強い女性を今作に組み込むことは僕もとても意識した。いわゆるパワフルな強さというだけじゃなく、複雑な意味を持った強さをもたせたいと思ってね。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい