「スター・ウォーズ最新作でも“家族の絆”は描かれる」ライアン・ジョンソン監督単独ロング・インタビュー (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「スター・ウォーズ最新作でも“家族の絆”は描かれる」ライアン・ジョンソン監督単独ロング・インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
伏見美雪週刊朝日#スター・ウォーズ
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に登場する新キャラクター・ポーグを手にした、ライアン・ジョンソン監督(撮影/馬場道浩)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に登場する新キャラクター・ポーグを手にした、ライアン・ジョンソン監督(撮影/馬場道浩)

(c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

(c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開 (c)2017 Lucusfilm Ltd. All Rights Reserved.

 世界に衝撃を与えた最初の「スター・ウォーズ」から40年。来たる12月15日、シリーズ第8作にして最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」がいよいよ公開される。

【「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日公開】

 同作の脚本・監督に抜擢され、さらにはEP10~12にあたる新たな3部作の創作をまかされたと報じられたばかりの気鋭、ライアン・ジョンソン監督に「週刊朝日」12月22日号(12月12日発売)で単独インタビュー。特別に本誌に収録しきれなかった、別バージョンをお届け。いまだヴェールに包まれたままの“衝撃作”の裏側に迫る。

*  *  *
――監督は今作「最後のジェダイ」について、「旧3部作における『帝国の逆襲』の位置づけに近い」と発言されていますね。ホスの戦いを彷彿とさせる場面などもあるようですが?

 よく「帝国の逆襲」に似ているのかと聞かれるんだけど、その答えはイエスであり、ノーでもある。どちらも3部作の中間章にあたるし、全体の大きな構成のなかでは、同じでなくちゃならないんだ。主人公が孤立した場所を訪れ、たぶん、ジェダイマスターに修行を受けることになる。そして、「善」のメンバーは離れ離れになる。レイはここ、レジスタンスはここ、って感じにね。それは、とても大きな共通要素だと思う。

 同時に、中間章だからこそ、それぞれが大きな困難に直面する。それこそ「帝国の逆襲」みたいにね。でも、登場するキャラクターが違うから、僕らを違う場所に連れて行ってくれるんだ。
だから、仮に観客のみなさんが最初に感じたのが「帝国」との類似性だったとしても、今作なりの歩みがあるんだってことに気づいてくれたらと思うよ。

――その「歩み」を描くにあたって、最も意識されたことは何ですか?

 今作には、2つのメインの物語がある。もちろん1つはレイで、もう1つがフィンだ。レイの物語は明らかにルークと絡んでくるし、フィンの物語は新キャラクターのローズとともに進む。でもこの2つの主な流れのほかに、ポーがいて、カイロ・レンがいて、っていう、アンサンブルになっているんだ。だから、前作「フォースの覚醒」を経て、それぞれがどのような道を進むのか、キャラクターを掘り下げることに最も力を入れたよ。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい