カンニングさん「障害は利用していい」とアドバイス あべけん太君は「新垣結衣と『恋ダンス』と踊りたい」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カンニングさん「障害は利用していい」とアドバイス あべけん太君は「新垣結衣と『恋ダンス』と踊りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日野淳週刊朝日

カンニング竹山(かんにんぐ・たけやま)(右)/1971年生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3 本のレギュラーを持つあべけん太(あべ・けんた)(左)/1987年生まれ。生後すぐにダウン症候群だと診断された。会社で働くかたわら、「ダウン症のイケメン」と自称してタレントとして活動中。著書は『今日も一日、楽しかった 』(朝日新聞出版)(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山(かんにんぐ・たけやま)(右)/1971年生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3 本のレギュラーを持つ
あべけん太(あべ・けんた)(左)/1987年生まれ。生後すぐにダウン症候群だと診断された。会社で働くかたわら、「ダウン症のイケメン」と自称してタレントとして活動中。著書は『今日も一日、楽しかった 』(朝日新聞出版)(撮影/写真部・小原雄輝)

今日も一日、楽しかった

あべけん太著

978-4022514844

amazonamazon.co.jp

 ダウン症のイケメンタレントとしてテレビやトークイベントなどで活躍するあべけん太さん。自身の日常を綴った初エッセイ集『今日も一日、楽しかった』の出版を記念して、尊敬するカンニング竹山さんとの対談が実現。タレント「あべけん太」をもっとメジャーにしていくために――。トークの磨き方、キャラクターの打ち出し方などについて貴重なアドバイスをもらった。

*  *  *
あべ 竹山さんにお会いできると思ったら緊張しちゃって、昨日はあんまり眠れませんでした。

竹山 今日のけん太くん、固いよね。番組の時はあんなにしゃべってるのに。

あべ 竹山さんのことを尊敬しています。格好よくて、テレビにもたくさん出ていて。僕も「アッコにおまかせ!」で竹山さんと共演したいです。

竹山 俺にキャスティング力はないから(笑)。そこはけん太君が出られるように自分で頑張るしかないよ。

あべ もっとトークが上手くなりたいんです。話していると噛んだり、飛んだりしてしまって。どうしたらいいでしょうか。

竹山 練習するしかなんじゃないかな。テレビをつけっぱなしにして、その前でずっとしゃべるとか。「お前、違うわ!」って突っ込んだりしながらね。バラエティに出ている人はやっこうやっていることです。

あべ そうなんですね。僕も「笑点」を観て勉強しているんですけど。

竹山 「笑点」はネタ番組だから勉強になるかのなあ(笑)。

あべ ポンポンというかけ合いとか会話の弾ませ方とか、そういうのを勉強できるかなと。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい