驚くほどの「人権感覚のなさ」 大工が知った“憲法びっくり”

2017/12/12 07:00

 大工をなりわいとしてきた栃木県茂木町の明良(あきよし)佐藤さん(74)は、8月15日に新しい年が始まる「戦後カレンダー」を1984年からつくり続けてきた。敗戦の昭和20年を元年とする独自の「戦後暦」には、「日本人310万人と隣国及びアジア諸外国の2千万人の戦争犠牲者を忘れず、二度と戦争はしない」という思いが込められている。平和の礎と考える憲法9条の改正論議がかまびすしくなって、憲法について学び始めると、「憲法には初めて知る驚きがたくさんつまっていた」という。自民党が憲法改正推進本部の会合を開いて改憲に向けた議論を再開した今、学者や評論家といった専門家ではない人々が「憲法を知り、学ぶ」重要性は高まっている。明良さんに「憲法びっくり」を投稿してもらった。

あわせて読みたい

  • 「国民を支配しやすい」憲法を学んだ大工が危惧する「自民改憲草案」

    「国民を支配しやすい」憲法を学んだ大工が危惧する「自民改憲草案」

    週刊朝日

    12/12

    夏休み、憲法について考えてみよう 明良佐藤、辻田真佐憲が選ぶおすすめの3冊

    夏休み、憲法について考えてみよう 明良佐藤、辻田真佐憲が選ぶおすすめの3冊

    週刊朝日

    8/17

  • 日本国憲法と大日本帝国憲法の違いを解説

    日本国憲法と大日本帝国憲法の違いを解説

    AERA

    6/18

    日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(1)~気鋭の憲法学者8人に聞く

    日本国憲法・3年以内の改憲は「困難」(1)~気鋭の憲法学者8人に聞く

    AERA

    5/3

  • 「日本がおかしくなる」と涙した米国人 憲法「女性の権利」のため奔走

    「日本がおかしくなる」と涙した米国人 憲法「女性の権利」のため奔走

    AERA

    10/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す