記憶障害から認知症と勘違いも 「高齢発症てんかん」とは?

ヘルス

2017/11/21 07:00

 てんかん患者の約3分の1は高齢者が占めている。発作時にけいれんがなく、ボーッとした状態が時には数日続くため認知症に間違われやすい。症状は薬でほぼコントロールできるので、早く見つけて治療を受けることが大事だ。

あわせて読みたい

  • 高齢者の約1%、30万人が発症する「てんかん」 新薬登場で改善へ

    高齢者の約1%、30万人が発症する「てんかん」 新薬登場で改善へ

    週刊朝日

    7/25

    シニアの「てんかん」に交通事故リスク 認知症との深い関係も

    シニアの「てんかん」に交通事故リスク 認知症との深い関係も

    週刊朝日

    1/28

  • 見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

    見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

    週刊朝日

    10/12

    脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    週刊朝日

    8/11

  • 認知症の前兆かも 大人の“寝ぼけ”に注意

    認知症の前兆かも 大人の“寝ぼけ”に注意

    週刊朝日

    12/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す