“オトコの中のオトコ”假屋崎省吾が選ぶ「絶品どんぶり」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“オトコの中のオトコ”假屋崎省吾が選ぶ「絶品どんぶり」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上カツ丼目白通りで昭和26年から暖簾をかける手もみ蕎麦の店。丼物メニューも豊富で上カツ丼は、かつて皇太子殿下も出前で召し上がったという。茨城県産三元豚を約250グラムも使ったトンカツはボリューム満点。サクサクの揚げたての衣の中に肉厚の豚肉が隠れ、卵もたっぷり。汁物、香物付き。1700円。税込み(撮影/写真部・岸本絢)

上カツ丼
目白通りで昭和26年から暖簾をかける手もみ蕎麦の店。丼物メニューも豊富で上カツ丼は、かつて皇太子殿下も出前で召し上がったという。茨城県産三元豚を約250グラムも使ったトンカツはボリューム満点。サクサクの揚げたての衣の中に肉厚の豚肉が隠れ、卵もたっぷり。汁物、香物付き。1700円。税込み(撮影/写真部・岸本絢)

目白 大村庵東京都豊島区高田1-37-9/営業・11:00~15:00、16:30~20:00/休日・木(撮影/写真部・岸本絢)

目白 大村庵
東京都豊島区高田1-37-9/営業・11:00~15:00、16:30~20:00/休日・木(撮影/写真部・岸本絢)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、華道家の假屋崎省吾さんが選んだのは目白 大村庵の「上カツ丼」だ。

*  *  *
 華道家というと草食系のイメージで見られがちですが、私はこう見えて食は肉食系。オトコの中のオトコです。花は全身全霊を捧げていけるから、ものすごくエネルギーを使うんですよ。だから若い頃は、よく肉を食べました。なかでも小さい頃からトンカツが大好き。忙しい時もさっと食べられて、ご馳走気分が味わえるので。

 いまから19年前、目白の蕉雨園をお借りして、作品集の撮影をしていた時のこと。お昼にカツ丼が食べたいとリクエストしたら、出前でとっていただいたのがこちら。

 食べる前からワクワクして、フタをあけてびっくり! トンカツが桁外れの豪快さで、ご飯の上にドーンッと横たわっていて、しかも食べたら肉が分厚いこと。カツに卵とタレがいい具合に絡んで大満足のお味だったのを、いまでも忘れません。食べたあと思わず、さあ、撮影がんばろう!って気になりましたね。おかげさまで本は大増刷で私の代表作に。このカツ丼には感謝の気持ちでいっぱいです。

「目白 大村庵」東京都豊島区高田1-37-9/営業時間:11:00~15:00、16:30~20:00/定休日:木

週刊朝日 2017年11月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい