AERA dot.

初の首位打者横浜・宮崎敏郎 「ハマのプーさん」飾らぬ素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
本誌・秦 正理週刊朝日

首位打者になった宮崎敏郎選手(c)朝日新聞社

首位打者になった宮崎敏郎選手(c)朝日新聞社

 横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎選手(28)が首位打者に輝いた。打率3割2分3厘。チームを19年ぶりの日本シリーズ進出に導く立役者となった。

「首位打者に驚きはないです。打撃センスはず抜けていましたから。以前から『なぜ彼をもっと使わないんだろう、出れば絶対打つのに』と思っていたほどです」

 そう語るのは、社会人野球「セガサミー」の赤堀大智選手。宮崎選手がセガサミーに在籍した頃のチームメートだ。2人は2012年、そろって横浜からドラフト指名を受けた。宮崎選手は6位、赤堀選手は4位。奇遇の縁で、今もLINEをやり取りする間柄だ。

「ものすごく謙虚で、愛すべきキャラ。活躍した日に『いいバッティングだったね』と送信しても、返事は『まだまだ』。首位打者がみえてきた頃、一緒に食事しましたが、ただ『頑張ります』と、いつもの宮崎でした」

 172センチ、85キロのずんぐり体形から“ハマのプーさん”と親しまれる。横浜入団後、なかなか定位置を取れなかったが、今季は打撃力で大きく開花した。

 驕ることも飾ることもない。セガサミー時代の公式戦すべてを取材したライターの佐々木亨氏はこう語る。「彼がプロ3年目、都市対抗東京都2次予選にふらっと現れたんです。自分を育ててくれたセガサミーの試合をじっと見ていました。即戦力として期待される社会人野球出身ながら、結果を出せずに悩んでいた時期。自身の原点を見返すような真剣な表情に、人間くささを感じました」

 欠点や苦手なものはないのか? そう赤堀選手に聞くと考え込んでしまった。「酒が強く、歌もうまい。あれ? 欠点ないなあ……あ、愛称通り、チビデブってことくらいですかね(笑)」

 日本一という“甘い蜜”を味わうプーさんをみたい。(本誌・秦 正理)

週刊朝日  2017年11月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加