北朝鮮ミサイル問題でさかなクンが「問題提起」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北朝鮮ミサイル問題でさかなクンが「問題提起」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#北朝鮮
さかなクンのフェイスブックの投稿には多くのコメントが寄せられた(c)朝日新聞社

さかなクンのフェイスブックの投稿には多くのコメントが寄せられた(c)朝日新聞社

「ミサイル1個分の金属片などが海の環境を変えることはないでしょう。ただ、強い毒性をもつ物質が大量に含まれる可能性がある場合、水域が汚染されるかもしれません。調査する必要があります」

 海洋汚染の影響に詳しい鹿児島大学の小山次朗名誉教授(環境科学)も言う。

「ミサイル1個が海中の環境に与える影響は限定的かもしれません。しかし、国際ルール(海洋投棄に関するロンドン条約)で定められているとおり、どんなものでも異物を海に投棄するのは、好ましいことではありません」

 海とその中で暮らす生き物をこよなく愛するさかなクンの熱いメッセージ。コメント欄の反応には、こんな書き込みもあった。

<海ならいいって問題じゃない。ミサイルなんか発射しちゃいけない。狂っています。もういい加減にしてほしいです>

週刊朝日  2017年10月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい