AERA dot.

有村架純にはメロメロ? 岡田准一が語る“鬼監督”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

有村架純(撮影/伊ヶ崎忍)

有村架純(撮影/伊ヶ崎忍)

 司馬遼太郎作品を原作とする映画「関ヶ原」が8月26日に公開される。戦国史上最大の合戦を真正面から描いた映画は、日本史上初だ。主役の石田三成を演じた岡田准一さん、三成に仕える忍び・初芽を演じた有村架純さんが、今の思いや俳優という仕事について、語り合った。

──お二人は初共演ですが、お互いの印象はいかがでしたか?

岡田:有村さんは、丁寧に生きようとしている方だと思いました。若いのに、一つひとつの仕事に向き合おうと努力している姿がすごいなと。

有村:私は岡田さんが主演された「木更津キャッツアイ」が大好きで、中学生の頃、映画やDVDを何度も見たんです。だから「あの岡田さんが目の前にいる」と思ったら、もう!

岡田:そうか。そこで「あまちゃん」につながるんだね。どちらもクドカンさん(宮藤官九郎)の作品だ。

有村:まさかご一緒できると思っていませんでした。今回はすべてを吸収したいと思って臨みましたが、時代劇は初めてでしたし、アクションシーンもあって戸惑うことも多くて。原田(眞人)監督や岡田さんを始めとするキャストの方々に支えていただきましたが、反省することばかりです。

岡田:「時代劇は初めてなので勉強しながら頑張ります、教えてください」と言ってくれたんですね。これだけのキャリアのある女優さんだと、なかなかそんなふうに言えないと思うんです。素直でピュア、真っすぐな方だと思いました。時代劇って、「立場によって生きていく」というか、人の定めみたいなものを描く部分があるのですが、初芽が抱えるものをすごく誠実に受け止めていて。アクションも足をボロボロにしながら頑張っていて、いろんな現場で求められる理由がよくわかりました。

──映画では三成の「大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち・一人はみんなのために、みんなは一人のために尽くせば秩序ある世の中になる)」というスローガンが大きな意味を持ちますが、お二人が大事にしている言葉があれば、教えてください。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加