AERA dot.

「セアブラ」は盛岡大付のパワーの源!

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#高校野球

大好きなセアブラをご飯にのせ、満面の笑み(撮影/伊ケ崎忍)

大好きなセアブラをご飯にのせ、満面の笑み(撮影/伊ケ崎忍)

週刊朝日増刊 甲子園 2017

朝日新聞出版
定価:500円(税込)

B073LWG7HC

amazonamazon.co.jp

 盛岡大付ナインには心強い味方がついている。パワーの源、「セアブラ」だ。

 学校が管理する寮とは別に、地域の工務店に間借りする盛岡大付野球部の清翔寮には、1~2年生合わせて34人の部員が寝泊まりする。料理番を担当する小野寺均さん(51)が、食が進むために考案したのが「セアブラ」。豚のひき肉にニンニク、しょうが、煮干し粉などを混ぜて炒めた後、仕上げにパン粉を入れて冷やして固める。見た目は肉そぼろだが、部員たちが「セアブラ」と呼ぶようになり、それが定着した。

【写真】増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

「自家製ふりかけを作ったんですけど、それが不評で(笑)。なんとなしにひき肉を炒めて、そぼろ風にしてみたら、好評だったんです。それから味は変わっていません」

 小野寺さんは盛岡大付の前身である生活学園高校の調理科を卒業後、盛岡市のホテルに就職。中華の料理人として働いていた。その後、デパートの食料品店にも勤め、5年前にある相談が舞い込んだ。

「清翔寮で料理を担当できる人はいないか、と」

 小野寺さんは野球部のOBでもある。後輩球児たちに食事を作る――。夢が広がり、即答した。

「じゃあ僕がやります、と引き受けました」

 いかに食を太くするか。部員の体作りを考える日々に戸惑いを感じながらも、「お父さんみたいな感じ」と慕われるまでになった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   高校野球 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加