AERA dot.

危険「極まりない」の間違いでは? フジマキが日銀金融政策に大きな疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

日本銀行の岩田規久男副総裁(左)と黒田東彦総裁(中央)(c)朝日新聞社

日本銀行の岩田規久男副総裁(左)と黒田東彦総裁(中央)(c)朝日新聞社

 “伝説のディーラー”藤巻健史氏は日本銀行が今の金融政策を続けると、将来極めて大きな損失が発生するリスクのあることを指摘する。

*  *  *
 日本銀行の原田泰審議委員が岐阜市内で6月1日に講演し、「異次元の量的緩和」からの出口について、「日銀が長期的に損失を負うことによる危険など存在しない」と述べたそうだ。

 マスコミ報道のタイトルは「日銀出口戦略『危険ない』」だった。私は「危険」と「ない」の間にあった「極まり」がタイプミスで落っこちてしまったのか?と思ってしまった。

★   ★
 参議院財政金融委員会で3月21日、日銀の岩田規久男副総裁に以下の趣旨の質問をした。

「今の日銀はデフレを脱却しようと、車のアクセルを思いっ切り踏んでいる状態だ。しかし、この車はブレーキがないように思える。ブレーキはついているのか? 景気が過熱した時、伝統的金融政策の場合は金利を上げる方法があった。今の日銀は金利を上げる手段を持っているのか」

 岩田副総裁は「金利を上げる手段は大きく分けて二つある。一つは日銀当座預金に対して付利金利を上げていく方法。もう一つは売りオペによってバランスシートを縮小していく方法だ」とお答えになった。

 私が「Mr.時期尚早」と揶揄(やゆ)してきた黒田東彦日銀総裁も翌22日に同様な回答をされた。それ以降、私はその実行可能性についてお聞きしている。

 5月29日発表された日銀の2016年度決算によると、大量に購入している国債は16年度末に417.7兆円に膨らんだ。その利息収入は1兆1869億円。一方で、国債購入で積み上がった当座預金(16年度末の法定準備預金を除く残高は約333兆円)に対する支払利息は1873億円。約1兆円の差がある。

 ここで、17年当初に当座預金への付利金利を1%上げたと仮定しよう。支払利息は単純計算で年3.33兆円に増える。受取利息が増えないとしたら、年約2.1兆円の損失計上だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   藤巻健史 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加