ミッツ・マングローブ「選ばれる『王子』と定まらない『女王』たち」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「選ばれる『王子』と定まらない『女王』たち」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちが日常で多用している『女王』って何なのか (※写真はイメージ)

私たちが日常で多用している『女王』って何なのか (※写真はイメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「王子と女王」を取り上げる。

*  *  *
 先頃、『秋篠宮眞子内親王ご婚約内定へ』という喜ばしいニュースがございました。テレビも久しぶりの『皇室シフト』全開で、長年の皇室愛好女装としましても非常に心が躍った次第です。うら若き眞子さまの御心を掴んだのは、同じ大学出身の小室圭さん。神奈川県藤沢市で開催された『湘南江の島・海の王子』出身とのことで、近年の王子ブームも手伝い盛り上がっているご様子。元々は『麗姿江の島青春祭・ミス弁天』というミスコンから始まり、『ミス藤沢』→『ミス貝姫』と名前を変え、昭和30年に『海の女王』に定着。そして平成8年からは男子部門である『海の王子』が新設され、現在に至るそうです。このように歴史ある『ミスコン』における『男子部門』の存在は、『女性も男性を選ぶ』という新たな価値観とともに、もはや男が女を『見初める』時代ではなくなってきている表れなのでしょう。小室さんも『男が選ばれる時代に選ばれるべくして選ばれた男性』と言えるのかもしれません。

 余談ではありますが、この『海の王子』関連でひとつ気になったのが、『海の女王』なるネーミングです。本来『王子』と対義するのは『姫』や『妃』といった、いわゆる『プリンセス』を意味する呼称が一般的であり、『女王』といったら『王子』の親世代。若い男子が『王子』に選出される横で「今年の海の女王は……!」ときたら、否が応でもハイレグ姿で高らかに戴冠している『かたせ梨乃』的な女傑の姿を想像してしまいます。しかしながらというか勿論、件の『海の女王』も(年齢の上限はないとはいえ)若い未婚女性向けのものです。実はこの江の島のコンテスト、はからずも昨今の『実質的女性上位』の風潮がかなり色濃く出ており、そのような点においても小室さんが如何に『お相手』としてふさわしいかが分かります。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい