福士蒼汰 “ブラック企業”映画出演で目覚めたこと

2017/06/05 11:30

 芸能界という競争の激しい世界に身を置きながら、福士蒼汰さんは自分から夢を掴みにいくタイプではないらしい。若手特有のギラギラした感じはまったくないけれど、そこにいるだけで、尋常でない華がある。デビューから6年の間に演じてきた役柄は、ヒーローだったり、憧れの先輩だったり。見た目から溢れるキラキラした魅力を生かしたものが多かった。それが、公開中の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」では、明るさを提供しながらも人生に深い哀しみを抱えた男・ヤマモト役。成島出監督は、クランクインの5カ月前から月に1回“演技のリハーサル”と称し、福士さんとブラック企業勤務の青山を演じた工藤阿須加さんの2人の芝居を見ることで、それぞれの役柄の輪郭を明確にしていった。

あわせて読みたい

  • 福士蒼汰「不思議な感覚でした」 猫との共演秘話を明かす

    福士蒼汰「不思議な感覚でした」 猫との共演秘話を明かす

    週刊朝日

    10/29

    福士蒼汰×宮野真守、価値観と時代を超えてつながる「バディ」

    福士蒼汰×宮野真守、価値観と時代を超えてつながる「バディ」

    AERA

    3/20

  • 家入レオ 月9ドラマ『恋仲』主題歌抜擢 8/19に10thシングルとして発売決定

    家入レオ 月9ドラマ『恋仲』主題歌抜擢 8/19に10thシングルとして発売決定

    Billboard JAPAN

    6/24

    実写映画『BLEACH』のビジュアルが初解禁、福士蒼汰が“斬魄刀”を握りしめる

    実写映画『BLEACH』のビジュアルが初解禁、福士蒼汰が“斬魄刀”を握りしめる

    Billboard JAPAN

    7/7

  • 福士蒼汰 ハリウッド進出を視野に入れた“2人の師匠”とは?

    福士蒼汰 ハリウッド進出を視野に入れた“2人の師匠”とは?

    週刊朝日

    10/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す