民間議員・竹中平蔵氏に“退場勧告” 戦略特区に利益誘導批判 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

民間議員・竹中平蔵氏に“退場勧告” 戦略特区に利益誘導批判

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

5月22日の国家戦略特区諮問会議に出席した竹中氏 (c)朝日新聞社

5月22日の国家戦略特区諮問会議に出席した竹中氏 (c)朝日新聞社

 5月16日に衆院地方創生特別委員会で採択された国家戦略特区法改正案の付帯決議では、会議の中立性を保つために「民間議員等が私的な利益の実現を図って議論を誘導し、又は利益相反行為に当たる発言を行うことを防止する」と明記。さらに、特定企業の役員や大株主が審議の主導権を握ることを防ぐため「直接の利害関係を有するときは、審議及び議決に参加させないことができる」とした。

 採択の背景について前出の野党議員は「竹中氏を外すため。与党側からもウラで依頼があった」と明かす。与野党議員による事実上の“退場勧告”だ。

 小泉政権に続き、竹中氏は安倍政権でも影響力を持つようになった。ジャーナリストの佐々木実氏は言う。

「会議では一部の政治家と民間議員だけで政策を決めることができる。省庁が反対しても、思い通りに規制緩和が進められる。行政や国会のチェックが利きにくく、『加計学園問題』の背景にもなった。竹中氏はいまの特区の制度を安倍政権に提案し、自ら民間議員にもなっている」

 竹中氏にはパソナグループを通じて見解を求めたが、回答は得られなかった。

週刊朝日  2017年6月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加