「サザエさん」の意外な真実… タマはいない?! 代わりにリスのマイク? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「サザエさん」の意外な真実… タマはいない?! 代わりにリスのマイク?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
今年1月にできた銅像。サザエさんと長谷川町子が立ち話しているようだ(写真提供=西南学院)

今年1月にできた銅像。サザエさんと長谷川町子が立ち話しているようだ(写真提供=西南学院)

 意外とよく登場する動物はニワトリ。昭和の時代、ニワトリを飼う家庭は都会でも珍しくなかった。幼稚園や小学校でも飼育され、読者に身近な存在だった。

 ちなみに「お魚くわえたドラ猫」は原作にも何度か出てくる。そのうち一度は、動物愛護週間だったので、魚屋が泥棒ネコを見逃してやるのだが、ネコは「スリルがないてえのもはりあいがない」と嘆く。

 長谷川町子美術館学芸員の橋本野乃子さんは、作品についてこう語る。

「原作は、何げない日常の中で見過ごしてしまう、小さな幸せに気づかせてくれる。登場人物の誰かに自分を重ねたり、家族の中にその姿を見いだしたり、おのずと共感してしまう。知れば知るほど長谷川町子の魅力にとりつかれますよ」

※週刊朝日臨時増刊号「サザエさん 2017春」(税込み400円)が4月25日に発売されました。原作のおもしろさを再発見できる傑作約300作品を収録しています

週刊朝日  2017年5月5-12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい