東芝「原発は安定事業」と誤判断 “寝たきり原発”にすがる悲惨な実態

原発

2017/03/09 07:00

 半導体部門の売却など、東芝の解体が進む。一方で、捨てられないのが原発事業。海外で巨額損失を出しながらも、再稼働できない国内の“寝たきり原発”は稼ぎのタネ。支えるのは、消費者の電気料金だ。ジャーナリスト・山田厚史氏が取材した。

あわせて読みたい

  • “嵌められた”東芝 日米原子力同盟の末路

    “嵌められた”東芝 日米原子力同盟の末路

    週刊朝日

    2/1

    もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    AERA

    4/17

  • 「売れるものは何でも売る」東芝は生き残るも解体か…

    「売れるものは何でも売る」東芝は生き残るも解体か…

    週刊朝日

    2/1

    東芝巨大損失リスク 原発に続きLNG事業でも

    東芝巨大損失リスク 原発に続きLNG事業でも

    週刊朝日

    2/15

  • 売るものがなくなった東芝 原発とともに心中か

    売るものがなくなった東芝 原発とともに心中か

    週刊朝日

    3/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す