AERA dot.

海老蔵母が明かす麻央への思い「早く治って」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#がん

故・十二代目市川團十郎夫人 堀越希実子(ほりこし・きみこ)/1952年、東京都生まれ。学習院大学仏文学科卒業後、76年に十二代目市川團十郎(当時は十代目市川海老蔵)と結婚。長男は十一代目市川海老蔵、長女は三代目市川ぼたん。著書に『成田屋の食卓─團十郎が食べてきたもの─』など(撮影/写真部・堀内慶太郎)

故・十二代目市川團十郎夫人 堀越希実子(ほりこし・きみこ)/1952年、東京都生まれ。学習院大学仏文学科卒業後、76年に十二代目市川團十郎(当時は十代目市川海老蔵)と結婚。長男は十一代目市川海老蔵、長女は三代目市川ぼたん。著書に『成田屋の食卓─團十郎が食べてきたもの─』など(撮影/写真部・堀内慶太郎)

 團十郎さんの妻として、海老蔵さんの母として、歌舞伎界の名門「成田屋」を支えてきた堀越希実子さん。お嫁さんである麻央さんとの関係などについて、作家の林真理子さんと語っていただきました。

*  *  *
林:希実子さんは(小林)麻央ちゃんをテレビで見て、「こんな子がお嫁さんだったらいいな」と思ってらしたんですってね。

堀越:そうなんです。そしたら海老蔵が麻央ちゃんを連れてきたから、びっくりしました。うちに挨拶に来てから結婚までは、早かったですね。

林:私、海老蔵さんがあんな子煩悩になられるとは思いませんでした。びっくりです。

堀越:私もびっくり(笑)。自分でも言ってました。「親父はこんなに子どもの面倒を見なかっただろ? 俺、よく見ると思わない?」って。

林:このあいだ海老蔵さんのドキュメンタリー番組を見てたら、「カンカン愛しているよ」とか言ってチュッってしてましたよ。勸玄(かんげん)君って、本当に整ったきれいなお顔してますよね。

堀越:麻央ちゃんに似てますよね。睫毛(まつげ)が長くて、パタッ、パタッってするんです。お花が好きで、私が幼稚園にお迎えに行くときは、「お花屋さんに行こうか」「うん!」「おうちに植えるの、どれがいい?」って聞くと、自分で選んで家に持って帰るんです。梅雨の時期は「紫陽花が欲しい」と言って、幼稚園にお迎えに行くたびに花屋に寄って紫陽花を買ってました。だから家じゅう紫陽花だらけなの。

林:まあ、かわいい。初孫ちゃんは女の子ですよね。

堀越:麗禾(れいか)です。麗禾もなかなかのお嬢ちゃまでチュよ(笑)。

林:お嬢さんもパパっ子みたいですね。

堀越:そうなんですよ。息子が地方なんか行くときは大変です。ダッコちゃん人形みたいに足にしがみついて「行かないで」ってわんわん泣くんですよ。それで海老蔵が「わかったよ、わかったよ」って。もう儀式みたいになってます。

林:ほのぼのとします。海老蔵さんの意外な一面ですね。希実子さんはよく海老蔵さんのお宅においしいものを届けられるそうですけど、お孫さんたち、どんなものがお好きなんですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   がん をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加