AERA dot.

津田大介「『ポスト真実』によって起きた事件」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ポスト真実」を地で行く恐ろしい事件が発生した。(※イメージ)

「ポスト真実」を地で行く恐ろしい事件が発生した。(※イメージ)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏は、ネットやSNSで拡散した“陰謀論”をきっかけに起きた「ピザゲート騒動」について解説する。

*  *  *
 2016年を象徴する言葉といえば「ポスト真実」だが、それを地で行く恐ろしい事件が発生した。

 事件の舞台となったのは米国ワシントンD.C.郊外のピザ店「コメット・ピンポン」。12月4日、店にライフルを持った男が押し入り、数発発砲した。幸い客や従業員にけがはなく、男は駆けつけた警官に投降して逮捕されたのだが、犯行動機には驚きの事実があった。男は「ヒラリー・クリントンやジョン・ポデスタ選対本部長がピザ店で行われている児童虐待や人身売買に関与している」というネットで流布された虚偽ニュースを信じて押し入ったのだ。

 事の発端は10月7日、ウィキリークスがポデスタ氏の5万通にも及ぶ電子メールのやり取りを流出させたことにある。これに反応したのが米国版「2ちゃんねる」とされる匿名掲示板「4chan」や「Reddit」で活動するトランプ支持者たち。彼らは流出したメールの中に、クリントン陣営の「悪行」を暴き出す証拠はないかと探し始めた。

 事態が動いたのは11月初旬のこと。ある4chanユーザーが流出メールの中に、ポデスタ氏が兄でロビイストのトニー・ポデスタ氏とたわいのないやり取りをしているのを見つけ、そのやり取りで使われていた「チーズ」と「パスタ」という単語が隠語なのではないかと指摘したのだ。元々4chanでは児童ポルノ(Child Pornography)の隠語として「チーズピザ(Cheese Pizza)」という単語が使われていた。ポデスタ氏のメールにあった「チーズ」と「パスタ」も頭文字はチーズピザと同じ「CP」であるとして、ポデスタ氏が隠語を使って、児童虐待や人身売買のやり取りをしているという陰謀論の種が作られたのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   津田大介 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加