円楽、宮崎元議員…不倫で離婚しないのはもっともキツい制裁? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

円楽、宮崎元議員…不倫で離婚しないのはもっともキツい制裁?

このエントリーをはてなブックマークに追加
三遊亭円楽 (c)朝日新聞社

三遊亭円楽 (c)朝日新聞社

 著名人の不倫が多々発覚した2016年。そのなかで報道陣を「さすが」とうならせたのは三遊亭円楽だ。

 6月に一般女性との不倫が発覚、その後の囲み会見は独演会のようだった。

「軽率な行動」と全面的に不倫を認め、「身から出たさびだと妻に伝えると『さびも味になる』と言われた」と涙。報道陣から謎かけを頼まれると「今回の騒動とかけまして、今東京湾を出ていった船と解きます。その心は航海(後悔)の真っ最中」とキメた。

「いろんな意味の遊びが、落語という文化を支えている。師匠がその共通認識に上手に触れたので笑って終わることができた。地に足のついたしゃれっ気でうまかった」(上智大学の碓井広義教授[メディア論])

 円楽は離婚もせずに仕事も順調。ところが、だ。12月になって、この3月に群馬の釈迦尊寺の住職の誘いを受けて「出家」していたことが判明。僧名は「楽峰圓生(らくほうえんしょう)」で、大名跡、三遊亭円生の名を「襲名」した。師匠は取材に対し「(出家は)邪魔にならない。出家後の変化はない」と答えたが、不倫発覚は出家後の6月。出家は世俗を離れ修行の道に専念することを意味するはずだが、煩悩を捨て切れなかった?

 歌舞伎界では、10月に八代目中村芝翫を襲名する直前の中村橋之助の不倫が発覚。相手は京都の人気芸妓・市さよで、妻の三田寛子と面識があり、浮気現場が三田との結婚披露宴会場のホテルだったから、さあ大変。「不徳の致すところ」と8回も繰り返した橋之助の謝罪会見の2日後、三田が雨の中、稽古場の前で「いま一度夫婦で立ち返ってよく考える時間を神様に与えていただいた」と柔和に対応。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい