黒木華が色っぽい悪女に挑戦! 「責任重大ですね(笑)」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒木華が色っぽい悪女に挑戦! 「責任重大ですね(笑)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
黒木華(くろき・はる)/1990年生まれ。大阪府出身。大学在学中に野田秀樹の演劇ワークショップに参加、2010年NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」で女優デビュー。14年「小さいおうち」でベルリン国際映画祭最優秀女優賞受賞(撮影/写真部・馬場岳人)

黒木華(くろき・はる)/1990年生まれ。大阪府出身。大学在学中に野田秀樹の演劇ワークショップに参加、2010年NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」で女優デビュー。14年「小さいおうち」でベルリン国際映画祭最優秀女優賞受賞(撮影/写真部・馬場岳人)

 乱歩文学の2大ジャンルである“推理”と“怪奇・幻想”。今回の芝居のモチーフにした短編は、その両方から分け隔てなく選ばれている。演劇も、読書も、映画も、ドラマも、“物語”にまつわるあらゆるカルチャーが大好きだという黒木さんに、「なぜ物語に惹かれるのか?」という問いを投げかけてみると、しばらく黙って熟考したあと、こう答えた。

「考えたり、想像したりすることが、心を豊かにしてくれるからなんだと思います。舞台にしても小説にしても、食べ物のように生きていく上で必要不可欠なものではないけれど、でもそれは、人間しか持ち得ない“余裕の時間”ですよね。私の心は、今まで読んだ本、観た映画や舞台、そこで考えたこと、今まで出会った人たちの言葉とか……そういうものによって形成されている。だからもし、舞台を観にきてくださる方が、観終わった後に、友達と感想を伝え合ったり、みなさんの“余裕の時間”に繋がるような作品をお届けできたらいいなと思います。そういう意味では、毎回、責任重大ですね(笑)」

 女性としての目標は、「可愛いおばあちゃんになることです」と即答。

「年を重ねるほど、シワや表情や姿勢に、生き方が表れるものですよね。だから失敗も含め、今はとにかくいろいろな経験をしたいです」

週刊朝日 2016年12月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい