東尾修、今の選手には「頭が下がる」 その理由は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修、今の選手には「頭が下がる」 その理由は?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
昨年2月のキャンプを視察する小久保監督。いよいよ本番だ (c)朝日新聞社

昨年2月のキャンプを視察する小久保監督。いよいよ本番だ (c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、オフシーズンの過ごし方の変化を指摘する。

*  *  *
 日本ハムの大谷はハワイへの優勝旅行でも体を動かしていたという。昨年も巨人の菅野がハワイで練習を行った記事を見たし、2013年に日本一となった楽天・田中も、メジャーへポスティングシステムによる移籍が決まっていたのもあるが、キャッチボールを行っていた。今は、まったく体を動かさない日がないというくらい、選手の体調管理への意識は高い。

 私の現役時代は、どちらかというと、シーズンの疲れを抜くために「休むのも仕事」という考え方だった。優勝旅行といえば、ほとんどゴルフ漬け。1日36ホール回るのは当たり前だった。ゴルフもトレーニングの内である、といえなくはないが、次のシーズンへ向けての自主トレスタートは翌年の1月10日前後だった。12月から含めると、40日間は体を休めることを考えていた。でも今は、疲労を効率的に抜くためのトレーニングも確立されている。

 時代はどんどん変わっていく。選手は、いろんなトレーニング方法が出てきて、何を採り入れるか、何が自分に合うかをオフの間に試す時期でもあるよね。シーズン中にトレーニングの方法論を変えることはできないが、今の時期ならできる。本当に選手たちは野球漬けの日々を送っていると頭が下がる思いだ。

 選手の意識の変化は日本代表の選考の在り方にも大きな変化をもたらす。来年3月のWBCに向けて、小久保監督、そして日本野球機構(NPB)は、年内に一部選手を発表するという。本来なら、出場登録する28人をそろって発表するという考え方が一般的であるし、さらにいえば、ふるい落としを代表合宿で行い、2月の最終登録直前に28選手を選出することが、自然の流れではある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい