大原櫻子がボロ泣きで「仕事をください」 デビュー時を振り返る (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大原櫻子がボロ泣きで「仕事をください」 デビュー時を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
大原櫻子/1996年生まれ。東京都出身。2013年の映画「カノジョは≠、しすぎてる」のヒロインオーディションに合格し、スクリーン&CDデビューを果たす。来年は主演舞台「Little Voice」の上演も控える(撮影/岡田晃奈、ヘアメイク/木内真奈美[オティエ]、スタイリスト/佐藤和佳、衣装協力/Lily Brown)

大原櫻子/1996年生まれ。東京都出身。2013年の映画「カノジョは≠、しすぎてる」のヒロインオーディションに合格し、スクリーン&CDデビューを果たす。来年は主演舞台「Little Voice」の上演も控える(撮影/岡田晃奈、ヘアメイク/木内真奈美[オティエ]、スタイリスト/佐藤和佳、衣装協力/Lily Brown)

 12月から、楳図かずおさんの原作をフランス人演出家がミュージカル化した「わたしは真悟」に出演する。深い恋に落ちた小学生のカップルが、その関係を引き裂かれたとき、2人の遊び道具だった産業用ロボットが2人の子供として自我を持ち、成長していくという物語だ。大原さんが演じるのは、主人公“悟”の隣人で、8歳くらいの女の子“しずか”役。

「今回、歌に関しては、最初に、“うまく歌わないこと”“音程を外すこと”“ビブラートをかけないこと”という条件を付けられました。少女の拙さ、幼さを歌で表現しなければならないのが難しいです」

 多少の弱音は吐きつつも、舞台の稽古は一日中やっていてもいいなと思うほど大好きだという。ストイックなのは、父親の背中を見て育ったせいかもしれない。

「私、父のことを、師匠のように尊敬しているところがあるせいか、反抗期というものがまったくなかったんです。実家暮らしなので、20歳になってからは、家に帰ると毎晩のように晩酌に付き合っています。父は家が好きな人で、外に飲みに行かないんです。でも、最近はそれがプレッシャーです。私は、友達と遊んで騒ぎたいほうなので(苦笑)」

週刊朝日 2016年11月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい