元赤とんぼ准教授不倫の結末“嘱託殺人”の異例判決

2016/10/06 07:00

 教え子を殺したとして殺人罪に問われた福井大学教職大学院の元特命准教授・前園泰徳被告(44)の福井地裁の裁判員裁判の判決が、9月29日に言い渡された。嘱託殺人が成立するという異例の内容で、殺人罪で懲役3年6カ月。検察側は13年を求刑していたため、傍聴席はざわめきに包まれた。

あわせて読みたい

  • 院生殺人事件 “赤とんぼ研究”福井大准教授に何が?

    院生殺人事件 “赤とんぼ研究”福井大准教授に何が?

    週刊朝日

    3/19

    愛人が妊娠、妻への保険金殺人で断罪された「ゲス男」の不覚 検索履歴と砂で崩れた完全犯罪 

    愛人が妊娠、妻への保険金殺人で断罪された「ゲス男」の不覚 検索履歴と砂で崩れた完全犯罪 

    週刊朝日

    3/23

  • 「男版」阿部定事件…“性器切断”小番被告に懲役4年6カ月の実刑判決

    「男版」阿部定事件…“性器切断”小番被告に懲役4年6カ月の実刑判決

    dot.

    7/5

    ASKA事件 栩内被告に有罪判決 懲役2年・執行猶予3年

    ASKA事件 栩内被告に有罪判決 懲役2年・執行猶予3年

    dot.

    1/13

  • 座間男女9人殺害事件で死刑判決 白石被告が唯一、好きだった女性

    座間男女9人殺害事件で死刑判決 白石被告が唯一、好きだった女性

    週刊朝日

    12/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す