AERA dot.

北原みのり「沖縄で見た地道な闘い」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加

住民たちの地道な戦いは今も続く (写真はイメージ)

住民たちの地道な戦いは今も続く (写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。沖縄で行われている“地道な闘い”に焦点を当てる。

*  *  *
 今年5月、米軍属の男が女性を殺害し遺棄したとされる事件をきっかけに、沖縄の新聞を購読するようになった。

 亡くなった女性の追悼に、6万5千人もが集まった6月の集会の日の琉球新報には衝撃を受けた。記事が日本語と英語で掲載されていたのだ。誰に向けて語ろうとしているのか、どんなメッセージを発信しているのか。紙面からその覚悟が伝わってきた。

 9月7日の琉球新報の1面には、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に抗議していた女性の逮捕が、大きく報道されていた。記事によれば、女性は仲間と共に工事車両の前後を車で挟み、徐行運転していた。女性の車の前に警官が立ち、後ろ向きに歩きながら女性にカメラを向けた。警官をよけようとアクセルをふんだところ、公務執行妨害の容疑で逮捕されたという。

 読みながら胃のあたりが苦くなる。それは少し前に私自身が高江で見た光景と、ぴたりと重なった。朝9時少し前、工事現場に向かうダンプカーを一般車両が挟むように運転し、その様子を警察官が撮影していた。私はそれを、車の助手席から、流れる景色の中で見た。たった一瞬の光景だったのに、深い緑の中を射貫くように走る県道で、そこだけ空気が重く、張り詰めているのが伝わってきた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   北原みのり , 沖縄問題 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加