津田大介「電子で増加に転じる書籍市場」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「電子で増加に転じる書籍市場」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
読書における紙の本の優位性はまだまだ強固なようだ (※写真はイメージ)

読書における紙の本の優位性はまだまだ強固なようだ (※写真はイメージ)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏は、これからの電子書籍市場について言及する。

*  *  *
 米国のシンクタンク・ピュー研究所が「本の読まれ方」に関する興味深いリポートを発表した。ここ数年、キンドルに代表される電子書籍が普及しているが、実は2012年から電子書籍を読んでいる人の割合は変わらないそうだ。

 データを見ると12年段階で、紙や電子問わず読書体験があった人の割合は74%。最新の16年調査では73%で、読書人口自体はほとんど変わっていない。だが、その中で12年に23%だった電子書籍を読む人の割合は16年で28%と、電子の伸び率があまり高くないのだ。しかも、電子だけで読む人はわずか6%に留まっている。電子書籍先進国と言われる米国であっても、実態はまだ紙の本を好む人が多数派だということだ。

 一方、日本の状況はどうか。3月9日にジャストシステムが発表した15年の「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」月別データによれば、電子書籍利用率は1月度で18.5%、12月度でも19%に留まった。こちらは米国よりも約10ポイントほど低く、2割弱でほぼ横ばいになっている。電子書籍リーダーやタブレット、スマートフォンなど、電子書籍を利用できる端末の普及率は年々伸びているが、利用率という点に着目すると、日米ともに頭打ちの状況。キンドルの登場で電子書籍市場が一気に拡大した際は、その急激な成長率から「ここ数年で紙の本のほとんどは電子書籍に置き換わる」と予想するアナリストもいたが、結果を見るとそれは間違いだったようだ。2千年以上生き残ってきた「紙の本」というフォーマットは、それだけ強度があるということなのかもしれない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい