東京五輪に新たな火種 「新国立」建設残土の処分場計画に相模原市民が反発

東京五輪

2016/07/29 07:00

 新国立競技場に新たな火種が持ち上がった。競技場の建設残土を神奈川県相模原市に捨てる計画が明らかになり、地元住民から反対運動が起きているのだ。

あわせて読みたい

  • 増加する土砂災害 専門家らが訴える法整備「熱海は非常に大きな教訓」

    増加する土砂災害 専門家らが訴える法整備「熱海は非常に大きな教訓」

    週刊朝日

    7/14

    新国立競技場計画を迷走させた5人の男 すったもんだの末、白紙撤回

    新国立競技場計画を迷走させた5人の男 すったもんだの末、白紙撤回

    AERA

    9/8

  • 東京五輪メーンスタジアムのずさんな計画 裏に森元首相

    東京五輪メーンスタジアムのずさんな計画 裏に森元首相

    AERA

    1/24

    新国立“ザハ案”消えて気になる 立ち退きとタヌキ

    新国立“ザハ案”消えて気になる 立ち退きとタヌキ

    週刊朝日

    8/3

  • 新設計でも総工費2千億円超? 新国立競技場の建設費が下がらないカラクリ

    新設計でも総工費2千億円超? 新国立競技場の建設費が下がらないカラクリ

    週刊朝日

    7/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す