報じられない候補たちを直撃 「あなたの公約と勝算は?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

報じられない候補たちを直撃 「あなたの公約と勝算は?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
都知事選有力候補の3人は連日報道されるものの…

都知事選有力候補の3人は連日報道されるものの…

 計21人が立候補したが、有力候補以外、その素顔はほとんど報じられない。

「NHKをぶっ壊す」「キャスター同士がカーセックス、横領……。犯罪の総合商社」と政見放送で訴えた「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志候補(48)は、元NHK職員という経歴だ。自身のツイッターで「歴史的放送 NHKの政見放送」と自画自賛した。

 そして学習塾講師だったが、現在は無職という武井直子候補(51)。昨年の千葉県議会選挙に落選。住民票は千葉県にあるのに、今度は都知事選に挑んだ。本誌の直撃にこう語った。

「首都を福島に移転し、東京は観光都市にします」

 東京都には候補者のポスターを貼る1万4163カ所の掲示板が設けられているが空白も目立つ。

「ポスターはまだ作っていないんです。私一人でやっていますので……」(武井氏)

 高橋尚吾候補(32)は最年少の候補者だ。東京・秋葉原のAKB48カフェ&ショップ前で、街頭演説をしていた高橋氏に、勝算をたずねてみた。

「うーん、何%とかは言えないです。命をもってしてでも、出馬したかった。供託金300万円の多くは親戚などからの借金です。今月の家賃も払えないし、食費も危ういです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい