「笑点」新司会 春風亭昇太の評判 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「笑点」新司会 春風亭昇太の評判

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
昇太の司会ぶりに注目が集まる(※イメージ)

昇太の司会ぶりに注目が集まる(※イメージ)

 1966年の放送開始から50年を迎えた日本テレビ系「笑点」の6代目の司会に抜擢された春風亭昇太師匠(56)。5月22日の生放送で、桂歌丸師匠(79)が昇太の名前を読み上げると、客席からどよめきに似た声があがった。

 放送後の記者会見で、番組の担当プロデューサーは「消去法」と説明した。

 だが、日テレ関係者によれば、「事前の報道でもさまざまな候補者の名前があがった。しかし、大喜利の交通整理の上手さは昇太が群を抜いている。加えて、好感度の高さ。番組をこの先10年は引っ張っていける『若さ』と『健康』という条件を踏まえると、昇太しかいないというのが、関係者の一致した見解でした」。

 春風亭昇太は、82年に春風亭柳昇に入門。86年に二つ目に昇進し、「愛犬チャッピー」など新作落語を次々と発表し、若者から絶大な人気を得た。92年に真打ちになると、テレビやラジオ、舞台演劇や映画など、活躍の場を広げていく。

 2003年には創作話芸の会SWA(すわ)を立ち上げ、新作の研究に没頭した。SWAのメンバーは三遊亭白鳥、柳家喬太郎、林家彦いちと所属が異なる若手ばかり。昇太とは25年来の付き合いとなる弟分の彦いちが話す。

「昇太兄さんは、研究熱心。当時は、寄席の仕事を終えると、SWAのメンバーで夜10時ごろに集まって新作やネタの研究をするんです。そうしたとき、昇太兄さんは、酒を飲みながらダラダラ話すことを許さなかった。1時間半ほど集中してネタを仕上げ、日をまたぐころ、やっと、さあ飲もうか、となる」

 研鑽を続ける昇太の実力が抜きんでるのは、当然の結果とも言えよう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい