AERA dot.

舛添知事は生け贄? 室井佑月「だからなにも変わらない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

だから、なにも変わらない…(※イメージ)

だから、なにも変わらない…(※イメージ)

 作家の室井佑月氏は、舛添要一都知事の“税金着服疑惑”に疑問を呈する。

*  *  *
 5月13日の金曜日、「週刊文春」に税金の着服疑惑をスクープされた舛添都知事が、言い訳会見を開いた。記者に突っ込まれ「後日、精査して」なんてその場しのぎの苦しい誤魔化しをするものだから、その後も、何度もぶっ叩かれる羽目になった。メディアは祭りのような騒ぎ。

 会見にはたくさんのメディア関係者が集まり、記者は嬉々として舛添さんを追及しておった。この人たち、石原慎太郎さんのときはなにをしてたの?

 石原さんはガラパゴス諸島にクルーザーを出した豪華視察をしていたり、都庁に週2、3日しか出てこなかったり。

 石原さんにはなんにもいえなくて、舛添さんは叩きやすいっていう話なら、メディアの正義ほど当てにならないものはない。

 あるワイドショーは、舛添さんの元妻・片山さつきさんを登場させていた。舛添さんが会見をしているときに、彼女のにやついた顔がワイプで抜かれる。視聴者のあたしは、そのたび、(ぎゃ~っ!)と面白がってしまったが、見終わった後、いいのかな?って思った。自分たちの生活にだって多大な影響を与えかねない政治と金の問題を、ホラー映画を観賞するみたいに見てしまったことを恥じた。

 そう、政治と金の問題は他人事じゃないはずだ。あたしたちの血税を、自分の金と勘違いしている輩がつぎつぎにわいてくる。そういう輩が国や地方自治体の予算を決めたりする。自分の無駄使いを棚上げして、予算が足りないなどと、あたしたちにいう。

「週刊文春」が舛添さんのスクープを上げたなら、他所はほかの政治家の疑惑を取り上げていくべきだろう。

 だが、違う。みな「週刊文春」に乗っかり、舛添さんを叩くだけ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   2016参院選 , 2016都知事選 , 舛添要一 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加