応募から採用まで2年半? 忘れたころにパリの国連から届いた返事とは

夫婦

2016/05/10 07:00

 現在、エディター&ライターとして活躍する夫、川内イオさんとノンフィクション作家の妻、川内有緒(ありお)さん夫婦。2005年、パリの国連で働いていた有緒さんは「これから世界一周の旅に出る」という若者と出会った。輝かしいキャリアを持つ妻だが、その道のりは少々変わっている。日本大学芸術学部を卒業後、一念発起してアメリカの大学院へ。アメリカと日本でコンサルティング会社やシンクタンクに勤務しながら、辺境などを旅するライターとしても活動していた。

あわせて読みたい

  • 有給30日でも国連の仕事は窮屈? 元職員が内情を暴露

    有給30日でも国連の仕事は窮屈? 元職員が内情を暴露

    週刊朝日

    5/4

    同じ仕事をする夫婦がうまくやっていくコツは「お互いの仕事に嫉妬しない」

    同じ仕事をする夫婦がうまくやっていくコツは「お互いの仕事に嫉妬しない」

    週刊朝日

    5/9

  • 妻は相棒、夫は師匠 仕事の話しかしない“全身映画人”夫婦とは?

    妻は相棒、夫は師匠 仕事の話しかしない“全身映画人”夫婦とは?

    週刊朝日

    3/25

    小暮徹・こぐれひでこ夫妻「パリでの転機」とは?

    小暮徹・こぐれひでこ夫妻「パリでの転機」とは?

    週刊朝日

    10/17

  • ダライ・ラマの思し召し? 泥棒と思われた男がダンサーと結婚した理由

    ダライ・ラマの思し召し? 泥棒と思われた男がダンサーと結婚した理由

    週刊朝日

    4/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す