没後7年 今「忌野清志郎」が求められる理由 (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

没後7年 今「忌野清志郎」が求められる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
「狂ってきたこの世は騒がしいぜ」没後7年。キヨシローの不在を何度でも嘆く……(2004年12月9日、撮影/遠藤智宏)

「狂ってきたこの世は騒がしいぜ」没後7年。キヨシローの不在を何度でも嘆く……(2004年12月9日、撮影/遠藤智宏)

左から、アサミカヨコさん、片岡たまきさん、三宅伸治さん(撮影/太田サトル)

左から、アサミカヨコさん、片岡たまきさん、三宅伸治さん(撮影/太田サトル)

三宅:タイマーズの「土木作業員ブルース」って曲や、山口冨士夫さんとボスが一緒に作った「谷間のうた」って曲がFM東京などで放送禁止になって。

片岡:怒ってましたねえ。

三宅:番組に出るときに「ボス、何かやらかしますか?」って言ったんです。

アサミ:伸ちゃんが言ったの?

三宅:そのときに作ったのが「FM東京」という曲で。ボスが作った「お◯◯◯野郎」って過激な歌詞を見てびっくりしました。

片岡:さすがに「それはダメじゃないの?」って言わなかったの?

三宅:最高でしたね(笑)。演奏しながら、テレビカメラの向こうに、いろんな人が走り回ってるのが見えた。あんな光景は見たことなかったです。そのときも、やっぱり「やったぜ!」でしたね。

片岡:態度悪そうにガムかんでたりもしてたね。

三宅:そのガムを買ってきたのも俺です。

片岡:日ごろ静かな人が、ここぞとばかりに無理やり不良になったみたいで、ちょっとかわいいんですけどね。

三宅:俺がRCのスタッフをやめるときに悩んでいたんですが、「俺は友達になりたいんだ、三宅」と言ってくれたんです。

アサミ:私も、もめごとがあったとき、ファクスで「ちっぽけな人間より」って謝ったことがあって。そしたら、そこを消して、「いやいや大きな友だよ」と返信してくれたことがあって。

片岡:対等でいてくれる。あったかい人ですね。

──タイマーズは94~95年にも活動しました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい