岡田有希子、没後30年 南野陽子が「“ゴミ箱”が私だった」と思い出語る

お悔やみ

2016/04/08 07:00

「堀越の同級生とは今でも集まるし、ユッコの話もしますが、自殺の真相みたいな話はしません。みんなそれぞれに何度も振り返って、分析したはずだけど、どれが本当の理由かわからないし。ただ、世の中で言われているようなこととは違うなって思ったりします」

 同時代を生きたアイドルとして、死後30年が経っても岡田がファンに愛される理由を、南野は次のように考察する。

「アイドルとしての彼女が裏切ることがないからじゃないかな。劣化したなって思われることもないし、誰かのお嫁さんになったわけでもないし……彼女が変わらないでいてくれるからこそ、愛され続けるのだと思います」

 3年という短い時を駆け抜けた岡田は、自ら死を選ぶことで永久のアイドルとなった。

週刊朝日 2016年4月15日号より抜粋

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 竹内まりやも「希有な存在」と評す 没後30年、岡田有希子とは何だったのか

    竹内まりやも「希有な存在」と評す 没後30年、岡田有希子とは何だったのか

    週刊朝日

    4/8

    「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

    「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

    週刊朝日

    8/12

  • 岡田有希子さん没後34年。“アイドルは生身の人間”だと示した特別な存在

    岡田有希子さん没後34年。“アイドルは生身の人間”だと示した特別な存在

    dot.

    4/5

    荻野目洋子 約20年ぶりの単独ライブ ミニワンピでダンシング

    荻野目洋子 約20年ぶりの単独ライブ ミニワンピでダンシング

    Billboard JAPAN

    10/17

  • 「アイドルの80年代は大競争時代だった」荻野目洋子×売野雅勇対談

    「アイドルの80年代は大競争時代だった」荻野目洋子×売野雅勇対談

    週刊朝日

    9/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す