米ノーベル賞学者が本誌に激白「安倍首相? 誰にも加担しない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米ノーベル賞学者が本誌に激白「安倍首相? 誰にも加担しない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「安倍首相? 誰にも加担しない」(※イメージ)

「安倍首相? 誰にも加担しない」(※イメージ)

「私が東京で言ったこと」――。首相官邸を揺さぶる呟きが3月26日、ツイッター上に掲載され、激震が走った。書き込んだのはノーベル経済学賞受賞者で米国ニューヨーク市立大学のポール・クルーグマン教授。3月半ば、安倍晋三首相が著名学者3人らと個別に開いた「国際金融経済分析会合」に招かれた一人だ。期待通りに消費増税の「延期」も提言され、メデタシメデタシで終わるはずが、このやり取りの詳細が「機密」発言もろともアップロードされたのだ。

 今回の発端となったクルーグマン氏の議事録について、本誌は同氏と親しいジャーナリスト大野和基氏を通じて本人を直撃してみた。すると何とも意外な答えが返ってきた。

「腹立つことは全くない。議事録を『公開していい』と言われただけ。安倍首相が何をしようとしているか全くわからないが、誰の思惑にも加担するつもりはない。私のブログの読者が経済政策の議論、日本政府の高官との活発な議論に関心があるだろうと思っただけ。議事録を公開すれば、いちいち説明する必要もなくなる。それだけだ」(クルーグマン氏)

「公開していい」とはどういうことか。漏れたのは「機密」と念押しされた内容だ。本当に怒りはないのかは本人のみぞ知るところだが、菅官房長官の釈明は何だったのか。どうやら議事録は政府関係者がきっちり作成し、本人に送付したもの。「差し替えて」とオフレコ部分を削除した議事録も翌日に再送したようだ。単純ミスなのか。

 事務局の内閣官房副長官補室に尋ねたところ、担当者はこう言った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい