視力悪いと認知症になる?“眼”との正しい付き合い方

病気

2016/04/05 07:00

「年だから見えなくても仕方ない」「眼を手術するのは怖い」など、白内障手術に踏み切るのはハードルが高い。しかし、手術後の成績はよく、QOL(生活の質)とともに認知機能が改善されるのではと、研究が進んでいる。現在発売中の週刊朝日MOOK「眼のいい病院」から高齢者に多い眼の病気の正しい治療法を解説する。

あわせて読みたい

  • 視力の悪い人は認知症になりやすい!? 白内障手術で認知機能が改善することも

    視力の悪い人は認知症になりやすい!? 白内障手術で認知機能が改善することも

    dot.

    8/16

    「白内障」放置のリスク 体内時計が狂う、認知機能低下につながる可能性も! 

    「白内障」放置のリスク 体内時計が狂う、認知機能低下につながる可能性も! 

    dot.

    5/23

  • 放置はNG! 「眼の病気」を治すと健康寿命が延びる!?

    放置はNG! 「眼の病気」を治すと健康寿命が延びる!?

    週刊朝日

    8/10

    眼の水晶体は鰹節の硬さに? 「白内障」が高年齢ほど高リスクな理由

    眼の水晶体は鰹節の硬さに? 「白内障」が高年齢ほど高リスクな理由

    週刊朝日

    4/7

  • 眼の検査で脳卒中リスクがわかる! 高血圧や糖尿病、動脈硬化まで…

    眼の検査で脳卒中リスクがわかる! 高血圧や糖尿病、動脈硬化まで…

    dot.

    8/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す