蜷川実花「面倒くさい女が好きなんですよ(笑)」 次回映画の主演も? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

蜷川実花「面倒くさい女が好きなんですよ(笑)」 次回映画の主演も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

写真家・映画監督蜷川実花にながわ・みか/木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、初監督映画「さくらん」公開。08年「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。10年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題となる。12年監督映画「ヘルタースケルター」公開、22億円の興行収入を記録する。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。www.ninamika.com(撮影/写真部・加藤夏子)

写真家・映画監督
蜷川実花
にながわ・みか/木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。2007年、初監督映画「さくらん」公開。08年「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。10年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題となる。12年監督映画「ヘルタースケルター」公開、22億円の興行収入を記録する。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。www.ninamika.com(撮影/写真部・加藤夏子)

 写真家で映画監督の蜷川実花さんと作家・林真理子さんが対談。それぞれの制作現場の裏話を披露してくれた。

*  *  *
林:私、2作目の「ヘルタースケルター」(2012年)は見逃しちゃいましたが、初監督作品の「さくらん」(07年)は拝見しました。このごろ成人式で見かける……。

蜷川:アハハハ、すごいですよね。

林:花魁風の振り袖、あれは「さくらん」の影響だと思う。もちろん、似て非なるものですけど。

蜷川:成人式と変身写真館、ショーパブに絶大な影響を与えたみたいで。ちょっと罪深いですね(笑)。

林:あの映画が「花魁はカッコいいもの」としちゃったんですね。土屋アンナさんのヤンキーっぽいキャラクターとも合っていたし、とにかく色彩が美しいし、それにキャストもすごい。何気なく小栗旬さんや小泉今日子さんが出てらしたりして。

蜷川:ブレーク寸前の小栗くんに出てもらって。とにかくいろんな方に出ていただきました。私、写真を撮るのでそこで信頼関係ができていて、「蜷川さんがやるんだったら」と言ってくださる方が多かったですね。

林:蜷川さんが撮ると女の人は美しいし、男はたまらなくセクシーだし。いろんな方が蜷川さんに撮ってほしいと思うの、わかりますよ。

蜷川:プロとして仕事をしている限り、本人よりきれいにカッコよく撮らないと、私がいる意味がないと思うんですよね。だから絶対にきれいに撮るし、絶対にカッコよく撮ると決めてるんです。私、自分のカラーが強いので、「私が、私が」というタイプに見えるかもしれませんが、お仕事するときはそういうことはどうでもいいんです。その人がきれいに見えるということを、いちばん大事にしてます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい