知名度よりも“手堅さ” 不況が後押しする実力派大学とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

知名度よりも“手堅さ” 不況が後押しする実力派大学とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「『ここに入れば先生になれる』という確信を持てたので入学を決めました」(※イメージ)

「『ここに入れば先生になれる』という確信を持てたので入学を決めました」(※イメージ)

「大学を受験するときには、幼稚園の先生になりたいという志望が決まっていました。大学の就職実績を調べて、『ここに入れば先生になれる』という確信を持てたので入学を決めました」

 聖徳大(千葉県松戸市)児童学部の幼稚園教員養成コースで学ぶ4年生、山下絢子さん(22)は、大学選びをこう振り返る。

 聖徳大は1990年に開設された女子大。付属の幼稚園、小、中、高校のほか、短期大学部や専門学校などをもつ。大学は心理・福祉、文、人間栄養など6学部があるが、学生の半数以上が児童学部に所属。多くが主に保育士や幼稚園教諭を目指している。

 保育士、幼稚園教諭の最新の就職者数で、聖徳大はともに全国1位の実績を誇る。大学のホームページでは「保育士採用数10年連続全国1位」「教育系就職率100%」と謳っており、就職実績には定評がある。

「私は公立の幼稚園を志望していて試験に小論文があったのですが、希望者向けの対策講座に参加して、添削指導を受けました。ピアノ伴奏などの実技試験の前には、夏休み期間中にもかかわらず先生が一対一で教えてくれました」

 大学のサポートもあり、山下さんは都内の幼稚園への就職が決まった。今春、長年の夢だった幼稚園教諭への一歩を踏み出す。

 景気が厳しくなるにつれ、卒業後に確実に就職できるか、資格が取れるかといった指標が、大学選びの有力なものさしになり始めた。リクルート進学総研が昨年、現役高校生1039人を対象に実施した調査によると、「進学先では資格を取りたい」と答えた高校生が、全体の79%。2007年からの8年間でみると、9ポイント近くも増えている。同総研の小林浩所長はこう分析する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい