世間には「偽善ぶるぶる」が蔓延? 小田島隆の指摘

2016/02/13 07:00

新潮45 2016年 02 月号Amazonで購入する
新潮45 2016年 02 月号
Amazonで購入する

 作家でコラムニストの亀和田武氏は、本誌連載『マガジンの虎』で、今回は雑誌「新潮45」を取り上げた。

*  *  *
 甘利明経済再生相が、現金授受疑惑を受け、閣僚を辞任した。テレビ番組の“街の声”では、甘利氏に寛容な声も多い。“悪いことをしたのだから、責任をとるべきだが、再起してほしい”。これが平均的トーンか。

 偽善を嫌う風潮の一端が、甘利問題からも浮かぶ。「新潮45」(新潮社)2月号の特集<偽善の逆襲>はタイムリーな企画だ。

 丸山眞男が半世紀前に書いた「偽善のすすめ」から論を始めるのは竹内洋だ。「日本の精神風土では善悪や道理を声高に言う者に対して、こきおろしや嘲笑がなされやすい。人間は所詮色と欲の俗人であるにもかかわらず、そのホンネを隠して道学者ぶっているという論法で偽善が嘲笑される」と丸山説が要約される。

 半世紀が経ち、日本の精神風土は一変したと竹内は断じる。

1 2

あわせて読みたい

  • 亀和田武注目の記事はEXILE 「新潮45は挑発的でバランスがとれている」

    亀和田武注目の記事はEXILE 「新潮45は挑発的でバランスがとれている」

    週刊朝日

    7/8

    ナンシー関がウォッチしていた小倉智昭や中山秀征が、いまなお芸能界で活躍できる理由

    ナンシー関がウォッチしていた小倉智昭や中山秀征が、いまなお芸能界で活躍できる理由

    dot.

    11/3

  • 小島慶子「『一人で死ね』は絶対に言うべきではない呪いの言葉」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「『一人で死ね』は絶対に言うべきではない呪いの言葉」

    AERA

    6/15

    東浩紀、新潮社は「ネットに振り回され出版の強み見失っている」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、新潮社は「ネットに振り回され出版の強み見失っている」

    AERA

    10/4

  • 久保あおい「反面教師為貴女覇本日怒上昇中乃巻」の初音ミク・カバーバージョンが公開

    久保あおい「反面教師為貴女覇本日怒上昇中乃巻」の初音ミク・カバーバージョンが公開

    Billboard JAPAN

    3/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す