“どS”ディーン・フジオカに「ダメ女」深キョン 新ドラマはおもしろい? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“どS”ディーン・フジオカに「ダメ女」深キョン 新ドラマはおもしろい?

週刊朝日#ドラマ
(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

「恭子、マリー・アントワネットの生まれ変わりだと思うんです」

 極東の小娘のたわ言にも、老婦人は鷹揚に問い返す。「なんでそう思われるの?」。すると深キョンは「だって恭子も、パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃないって思うから」。

 偉いよフランス貴族。平民だったら、吉本新喜劇ばりに全員で床にダイブしてるはず。これ以来、常に深キョンの後ろにお花畑を幻視できるようになった。

 このドラマでも、ひまわりの着ぐるみを着こんだり、大きな生肉のぬいぐるみを抱きしめたり、やたらと深キョンの周囲にフカフカしたものを置きがち。話の内容なんてどうでもいい、とにかく深キョンのフカフカでフワフワっぷりを見てくれ!という潔さを感じる。

 かたや、どSという設定のディーン・フジオカなんだけど、「あーっ?」という威嚇気味なリアクションが、すでに篠原涼子が髪をかき上げる回数に匹敵。それでも、まったくどSに見えないのは、前髪のせいか、眼鏡のせいか、演技力のせいか。「あさが来た」の五代ファンタジーはいずこへ? そうだ、きっと足りないのはあのBGM。ディーン登場シーンは、すべて「あさが来た」で流れるエレキギターBGMでお願いしたい。

週刊朝日 2016年2月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい