原宿竹下通り商店会 通り抜け30分の時代 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

原宿竹下通り商店会 通り抜け30分の時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
竹下通りを訪れる外国人観光客はやはり多い

竹下通りを訪れる外国人観光客はやはり多い

 さらに時間をさかのぼり、70年代はじめぐらいまでは、竹下通りはごく普通の商店街だったという。

「魚屋、八百屋、たばこ屋にケーキ屋。決して人通りの多い商店街ではなかったですね」

 裏手には小川も流れていた。新井副会長は言う。

「竹下通りの裏路地のような『ブラームスの小径』。あそこは川だったんです。明治神宮から流れてきてたんですね」

 タレントショップブームは、それほど長く続かず、“満員電車”は、一気にガラガラになった。

「シャッターだらけになって。竹下はこのままダメになっていくかもしれないと思いました」(遅澤会長)

 しかし、安くてカワイイ「プチプラ(プチプライス)」系の洋服や雑貨を扱うショップが次々出店し、中高生女子が殺到した。

「それがなかったら、今の姿はなかったかもしれませんね」

 満員電車は、また走り始めた。

(太田サトル)

週刊朝日  2016年2月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい