丸山茂樹も触発? ゴルフ大ベテランが東京五輪に挑戦 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

丸山茂樹も触発? ゴルフ大ベテランが東京五輪に挑戦

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
谷口さんはほんとに元気です! (c)朝日新聞社

谷口さんはほんとに元気です! (c)朝日新聞社

 プロ24年目の谷口徹選手が5年後の東京オリンピック出場を目指すことを公言した。丸山茂樹氏は、素晴らしいことだとこういう。

*  *  *
 丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会優勝の資格でマンデートーナメント(主催者推薦選考会)を初めて突破した臼井麗香さん(茨城・日本ウェルネス高2年)。日本女子ツアー「樋口久子Pontaレディス2015」(10月30日~11月1日、埼玉・武蔵丘GC)の本戦は、惜しくも予選落ちに終わってしまいました。

 残念ですけど、プロと一緒に回って、本当にいい勉強をしたと思いますよ。

 僕が初めてプロの試合に出たのは高校2年、16歳のときでした。結果は散々でしたけど、楽しかったのを覚えてます。

 同じ組で回らせてもらった合田洋(ごうだひろし)さんが研修生からプロになりたてで。初日の最初のホールで、かなり緊張されてたんでしょうね。合田さんがなかなかティーにボールを乗せられなかったんです。「ああ、プロの世界ってこんなに厳しいんだな」と思いましたね。

 1994年に合田さんが29歳で日本プロゴルフ選手権で優勝する姿を目にして、僕も感動しました。そして、「自分もいっぱい、いい経験を積まなきゃな」と、ひしひしと感じましたよ。

 その試合では合田さんが最終日、18番のバンカーからパターで打ったシーンが語りぐさになってます。すごい決断を実らせて、ジャンボ(尾崎将司)さんに競り勝ったんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい