シールズ奥田君も標的 お手軽に“殺害予告”する困ったちゃんたち (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シールズ奥田君も標的 お手軽に“殺害予告”する困ったちゃんたち

このエントリーをはてなブックマークに追加
「意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌」と奥田くんはツイート (c)朝日新聞社 

「意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌」と奥田くんはツイート (c)朝日新聞社 

 また、ネット黎明期(れいめいき)のパソコン通信の時代はユーザーが限られ、互いに学び合いがあったというが、SNSが多岐にわたると、ネットの作法を学ぶ機会もなくなったと分析する。

 殺害予告をするのは、一体どんな人たちか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこう語る。

「本人は大抵いいことをやったと思っているんです。“悪の象徴”に対しては脅しをかけてもいいと思い込んでいる。罪を犯して逮捕されるってことがわかってないんでしょうね」

 その多くがネットの記事やデマ情報を真に受ける困ったちゃんたち。感情の赴くままにパソコンやスマホに向かうのだろうか。

「教育をしたらどうかと優しいこと言ってもしょうがないですよ。バカはバカのまんま。どんなに考えても、ルールを越えてしまうどうしようもない連中ってのがいるんです」(中川氏)

 彼らが画面の外の現実に向きあう日は来るのだろうか。

(本誌・鳴澤 大、永野原梨香、牧野めぐみ、西岡千史、林 壮一、松岡かすみ、秦 正理/今西憲之)

週刊朝日 2015年10月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい