英エコノミスト誌記者「イラク戦争の不参加をむしろ、誇るべき」

安保法制

2015/09/18 07:00

 安保関連法案が強行に採決されようとしている。この事態に、英エコノミスト誌の記者、デイビッド・マックニール(50)氏は、「政治的正当性がない」という。

あわせて読みたい

  • 姜尚中×内田樹対談 日本は改憲論議をしている場合か

    姜尚中×内田樹対談 日本は改憲論議をしている場合か

    AERA

    9/16

    「キミらの民主主義なんだぜ!」英米ジャーナリストと外務省OB鼎談

    「キミらの民主主義なんだぜ!」英米ジャーナリストと外務省OB鼎談

    週刊朝日

    10/2

  • 姜尚中「現政権の機能不全と、正当性ないがしろの権力闘争がコロナで露呈した」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「現政権の機能不全と、正当性ないがしろの権力闘争がコロナで露呈した」

    AERA

    6/3

    憲法改正・天皇退位で揺れる神社界 宮司たちが明かす胸の内

    憲法改正・天皇退位で揺れる神社界 宮司たちが明かす胸の内

    AERA

    1/15

  • 今さら聞けない「改憲」の疑問 安倍政権は何を変えたい? NEWS23キャスターが解説

    今さら聞けない「改憲」の疑問 安倍政権は何を変えたい? NEWS23キャスターが解説

    AERA

    5/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す