軽度認知障害の63歳記者が運転免許を返上した理由

ボケてたまるか!

2015/07/28 07:00

 免許証更新の時に認知機能検査を実施して「認知症の疑いがある」となると医師の診断が必要になるという。認知症予備軍の軽度認知障害(MCI)で認知症早期治療実体験ルポ「ボケてたまるか!」筆者の山本朋史記者(63)は、自身の経験をこう語る。

あわせて読みたい

  • うつ病併発も 4年間で半数が認知症になる軽度認知障害

    うつ病併発も 4年間で半数が認知症になる軽度認知障害

    週刊朝日

    7/21

    ミス連発も教官からはOK?“高齢者運転”にボケたま記者が挑戦

    ミス連発も教官からはOK?“高齢者運転”にボケたま記者が挑戦

    週刊朝日

    2/16

  • 「会話しながら運転しづらい」ドライバーの「認知障害」チェック法とは

    「会話しながら運転しづらい」ドライバーの「認知障害」チェック法とは

    週刊朝日

    9/29

    診断からリハビリまでの「自動車運転外来」 高齢者を救えるか?

    診断からリハビリまでの「自動車運転外来」 高齢者を救えるか?

    週刊朝日

    8/23

  • ぼくもそうだったけど、マスコミは認知症の理解が浅い

    ぼくもそうだったけど、マスコミは認知症の理解が浅い

    週刊朝日

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す