初心者も魅了 アセロラ香る宮崎・都農のスパークリングワイン

日本ワインの食卓

2015/06/28 11:30

 宮崎県都農町(つのちょう)にある都農ワインは日向灘を見下ろす小高い丘の上にある。1996年、農業を支援し、地域を活気づけようとできたワイナリーだけに、使うブドウは都農町一帯のものだ。副工場長の赤尾誠二さんが、「都農ワインの心の柱」と語るブドウがある。生食用として地元でなじみ深いキャンベル・アーリーである。世間では「生食用のブドウからは上質なワインはできない」と言われてきた。だが都農ワインでは、地元に愛されるこのブドウでこそおいしいお酒を造りたいと努力を重ねてきた。

あわせて読みたい

  • 山ブドウのスパークリング 11年寝かせた発泡酒の味とは

    山ブドウのスパークリング 11年寝かせた発泡酒の味とは

    週刊朝日

    12/27

    酵母が生んだきめ細かい泡の「キザンスパークリング」

    酵母が生んだきめ細かい泡の「キザンスパークリング」

    週刊朝日

    5/16

  • 春の木漏れ日にぴったり 爽やかな酸味の北海道スパークリングワイン

    春の木漏れ日にぴったり 爽やかな酸味の北海道スパークリングワイン

    週刊朝日

    4/18

    桃の風味のやさしい味わい 長野・中野市のシャルドネ

    桃の風味のやさしい味わい 長野・中野市のシャルドネ

    週刊朝日

    3/1

  • フランスから海を渡って誕生し、故郷で命を吹き込まれた「シャンパン」

    フランスから海を渡って誕生し、故郷で命を吹き込まれた「シャンパン」

    tenki.jp

    12/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す