フィギュア新星・宇野昌磨 羽生超えの可能性 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュア新星・宇野昌磨 羽生超えの可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
身長は158センチだが、「まだ伸びている」(関係者)。伊藤みどりや浅田真央を育てた山田満知子コーチに師事 (c)朝日新聞社 

身長は158センチだが、「まだ伸びている」(関係者)。伊藤みどりや浅田真央を育てた山田満知子コーチに師事 (c)朝日新聞社 

 フィギュアスケート界に新たな王子が躍り出た。

「彼の身長は、この1年半で15センチ以上伸びた。なにより驚異的な成長で、独走状態のプリンス羽生結弦に次ぐ存在として、メディアも飛びつきはじめています」(テレビ局ディレクター)

 3月7日、世界ジュニア選手権で宇野昌磨(17)が初優勝した。小柄でまだあどけない表情と、競技で見せる大人びた表現力とのギャップで注目を集めている。

 宇野はフィギュアスケート王国の名古屋出身。5歳の頃に遊びに行ったリンクで、浅田真央に声をかけられてスケートを始めたという。幼い頃からフィギュアファンの間では知られた存在だった。スポーツライターの青嶋ひろのさんはこう話す。

「名古屋でも男子スケーターは多くないのでアイスショーでもよく“ちびっこゲスト”として出演していました。小さい頃の彼は泣き虫で、関係者に彼の近況を聞くと必ず『昌磨君、頑張ってるよ。泣きながら』という言葉が返ってきていましたね。努力家で、習得に時間がかかる分、一度手にしたジャンプは試合でも失敗しない強さがあります」

 とはいえ、ここまでの急成長は、周囲も予想していなかったという。昨シーズンまでの宇野は、4回転どころか3回転半(トリプルアクセル)も跳べなかったからだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい