20代でも発症 「手のふるえ」は治療可能な“病気”

病気

2015/02/27 07:00

 結婚式の記帳や会議でマイクを持つときなど、緊張する場で手が小刻みにふるえるという経験がある人は少なくないだろう。本態性振戦とはそうした手のふるえが普段の生活でも起こる病気だ。「たかがふるえ」「年のせい」と考える人もいるが、なかには極度のふるえのため、日常生活や仕事に支障をきたす人もいる。

あわせて読みたい

  • 若い人は遺伝の可能性も “手のふるえ”に超音波治療が登場!

    若い人は遺伝の可能性も “手のふるえ”に超音波治療が登場!

    週刊朝日

    3/3

    診断が難しいパーキンソン病 便秘や嗅覚低下がみられることも

    診断が難しいパーキンソン病 便秘や嗅覚低下がみられることも

    dot.

    7/4

  • 【パーキンソン病】薬では進行を止められない 症状を抑えられなくなったら手術を検討

    【パーキンソン病】薬では進行を止められない 症状を抑えられなくなったら手術を検討

    dot.

    3/25

    みのもんたを襲ったパーキンソン病 診断が難しく便秘や嗅覚低下がみられることも

    みのもんたを襲ったパーキンソン病 診断が難しく便秘や嗅覚低下がみられることも

    dot.

    11/25

  • 朝、血圧が高い人は要注意 “死に近い”高血圧の見分け方

    朝、血圧が高い人は要注意 “死に近い”高血圧の見分け方

    週刊朝日

    4/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す