バドミントン選手 不正経理疑惑の“とばっちり”で現役引退危機に

2015/02/07 07:00

 昨年10月、国際パラリンピック委員会(IPC)は、東京パラリンピックで障害者バドミントンを正式競技として採用することを決めた。長年の悲願実現に、選手や競技関係者の喜びはひとしおだが、その歓喜の輪から外されてしまった一人の男性がいる。日本の障害者バドミントンのトップ選手である浦哲雄さん(39)だ。

あわせて読みたい

  • バドミントンの里見紗李奈「事故に遭う前の自分より、今の自分のほうが好き」左手のマメが努力の証し

    バドミントンの里見紗李奈「事故に遭う前の自分より、今の自分のほうが好き」左手のマメが努力の証し

    AERA

    9/1

    東京パラリンピックで日本勢の金メダル13個のうち6個が静岡県出身者だった理由

    東京パラリンピックで日本勢の金メダル13個のうち6個が静岡県出身者だった理由

    AERA

    9/5

  • 2018年は良くも悪くも“当たり年” スポーツ界33人を総ざらい

    2018年は良くも悪くも“当たり年” スポーツ界33人を総ざらい

    週刊朝日

    12/25

    東京パラもメダルラッシュに期待 陸上、水泳、新競技バド…注目の選手たち

    東京パラもメダルラッシュに期待 陸上、水泳、新競技バド…注目の選手たち

    AERA

    8/24

  • パラアスリート採用も追い風 東京五輪きっかけに障がい者スポーツに熱視線

    パラアスリート採用も追い風 東京五輪きっかけに障がい者スポーツに熱視線

    AERA

    4/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す