「慢性疲労症候群」睡眠で回復しないときは危険

病気

2015/01/27 07:00

 推定約30万人の罹患者がいる「慢性疲労症候群」。不調がずっと続き、重度の場合は休職せざるを得なかったり、寝たきりになることも。大阪府在住の主婦、三原恵子さん(仮名・52歳)もそのひとり。症状に合わせ、さまざまな薬を処方してもらったが、一進一退を繰り返し10年が経過。症状は悪化していた。

あわせて読みたい

  • 予備軍は300万人「慢性疲労症候群」になりやすい人は?

    予備軍は300万人「慢性疲労症候群」になりやすい人は?

    週刊朝日

    1/27

    真っ黒な尿、じんましん…“のどの炎症”が原因も なぜ全身に影響?

    真っ黒な尿、じんましん…“のどの炎症”が原因も なぜ全身に影響?

    週刊朝日

    4/3

  • うつ、自殺に至るケースも 恐ろしい「スマホ症候群」

    うつ、自殺に至るケースも 恐ろしい「スマホ症候群」

    AERA

    1/30

    40代男性の告白「自殺を考えた」 ”コロナ後遺症”に悩む患者の深刻な現実

    40代男性の告白「自殺を考えた」 ”コロナ後遺症”に悩む患者の深刻な現実

    dot.

    1/28

  • 交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

    交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

    dot.

    9/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す